読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミ・効果がまるわかり情報局

あなたの知りたい「口コミや効果」をお伝えしています。私の体験などもご紹介しているから、きっとあなたの「知りたい事」が見つかりますよ♪

「Z会」か「チャレンジ」か。小学生の子供の習い事を比較してみた!

子供 子供-習い事

f:id:happy-surf:20160306143441j:plain

 

小学生の習い事、悩みますよね~。先々の事を考えれば、中高一貫校に進学してもらった方が、お金が掛からないからしっかり学ばせたい!

 

 

しかーし、本人の学力を考えたり、出費を考えたりすると、どれが良いのかわからない。一応我が家では、Z会と進研ゼミのチャレンジ、そして公文を考えました。

 

 

あくまでも私の見解ですが、それぞれを比較してみましたので、これから子供の習い事を始める方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

Z会とチャレンジの比較

 

 

Z会と進研ゼミのチャレンジの比較です。どちらも通信講座ではCMなどしていて有名ですよね。

 

 

では、それぞれの比較をしたいと思います。と、その前に1つお伝えすることがあります。

 

 

それは、我が家では、進研ゼミのチャレンジは実際に入会し1年間くらいやりましたが、Z会は入会していません。難しそうでできないと思ったので(^^;

 

 

資料請求だけして、毎回届くサンプルテキストを見ている感じです。なので、Z会は間違いがあるかもしれないですが、ご了承ください。

 

 

Z会とチャレンジのテキスト内容の比較

 

 

気になるテキスト内容の比較です。ざっくり見た感じでは、

 

 

チャレンジは「あまり難しくない」。Z会は「なかなか難しい

 

 

ように感じます。実際、チャレンジを始めたころに届いたZ会のサンプルテキストを、子供にやらせたら、根を上げてしまいましたので(^^;

 

 

こちらは、チャレンジのテキスト内容。

 

f:id:happy-surf:20160306124339j:plain

 

 

f:id:happy-surf:20160306124526j:plain

 

 

f:id:happy-surf:20160306124541j:plain

 

 

これが、チャレンジのテキスト内容。ちなみに、小学4年生の頃のテキストで、「実力アップ チャレンジ」という、1歩上を目指すテキストです。

 

 

全体的に、チャレンジのテキストは、字体も大きく行間もあり、見やすいです。ただ、その分問題は少ない気がします。

 

 

あと、学校の教科書に沿っているような感じも受けます。なので、「上を目指す教材」ではなく、「しっかり理解させる教材」のような感じです。

 

 

で、こちらがZ会のテキスト内容。

 

f:id:happy-surf:20160306124721j:plain

 

 

f:id:happy-surf:20160306124736j:plain

 

 

こちらは、Z会の4年生のサンプルテキストです。しかも練習問題。なんとなくわかりますかね。チャレンジとの雰囲気の違い。

 

 

どちらかと言うと、大人が使うような教材の雰囲気があります。確かにイラストが用いられたりしているんですが、チャレンジとは何となく違うんですね。

 

 

テキストを比較してみたまとめ

 

 

テキストを見た感じでは、チャレンジは「しっかりと理解をさせていく」ような感じ、Z会は「上を目指す教材」という感じがします。

 

 

どちらの講座にも、努力賞みたいのは付いていますので、その辺りは同じだと思います。

 

 

それから、「タブレット」を使った授業も、チャレンジにもZ会にもあるので、同じだと思います。

 

 

ちなみに我が家では、「勉強はやっぱり書いて覚えるもんだ」という事で、タブレットは選択しませんでした。

 

 

私の見解では、「今の学校の授業が精一杯」というお子さんはチャレンジのが良いと思います。 ⇒ チャレンジの詳細はこちら

 

 

それから、こちらからチャレンジに入会すると、楽天ポイントが貰えるらしいです。600ポイントだったかな。入会するならお得な方が良いですからね(^^) ⇒ 楽天で600ポイント貰う

 

 

逆に、今の学校の授業は理解している。「中学受験を目指したい」というお子さんには、Z会の方がおススメです。 ⇒ Z会の詳細はこちら

 

 

テキスト内容はこんな感じです。あと、親として気になるのは「費用」ですよね。それぞれの費用はこちら。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

小学生のZ会・チャレンジの費用

 

 

まず、進研ゼミのチャレンジ。小学生のコースの費用は次の通りです。

 

f:id:happy-surf:20160306131350j:plain

 

これが「オリジナルスタイル」の費用。オリジナルスタイルとは、一般的な通信講座の内容の事です。紛らわしいですよね(^^;

 

 

●毎月届く「教材」

●半年に1回くらいの「実力アップ」テキスト

●教材に適した「教具」*ミニ望遠鏡とか

●努力賞

 

 

これらが、一般的な教材です。次に、「ハイブリッド スタイル」

 

 

f:id:happy-surf:20160306131759j:plain

 

 

このタイプは、簡単に言うと「ipad」を使った授業です。もちろん紙の教材も届きます。

 

 

ただ、タブレットipadを使うので、持っていない方は「購入」か「レンタル」かで、手元に置く必要があります。

 

 

Z会の費用

 

 

次に、Z会の費用です。

 

 

f:id:happy-surf:20160306132625j:plain

 

 

Z会は、基本的に「何科目」受講するかで金額変わってきます。選べる科目は、小学校4年生で、国語・算数・理科・社会の4科目です。

 

 

それが基準の費用となって、あとはオプションとして付けることができます。例えば、4科目受講して、算数だけはハイレベル(難しいテキスト)を選ぶこともできます。

 

 

f:id:happy-surf:20160306133337j:plain

 

 

そうすると、4科目12か月払いで¥61,920。+ハイレベル1科目 ¥2,200で、合計¥64、120になります。

 

 

あと、「専科」と言うのは、英語になります。なので、英語を受講したい方は「専科」も付けてください。

 

 

あとZ会には、「中学受験コース」ってのもあります。「うちの子は中学受験をするんだ!」と言う方は、このコースが良いかもしれません。

 

 

受験までのスケジュールを組み、それに合わせてカリキュラムを組んでいくようなので、計画的で良いのではないかと思います。その費用はこちら。

 

 

f:id:happy-surf:20160306133941j:plain

 

 

ごめんなさい、このコースの費用は詳しくわからないので、気になる方はこちらを確認してください。 ⇒ 中学受験コースの費用の詳細

 

 

Z会・チャレンジの、気になるところの違いはこんな感じです。大事なのは、お子さんの学力を理解してあげる事ですね。

 

 

親の理想や希望で押し付けると挫折するかもしれません。私も、最初は「これ位やらせよう!」と思って難しい教材を買ってみたんですが、ダメです。

 

 

全くできませんでした。そうなると勉強が嫌いになります。なので、お子さんを理解する事が必要だと思いますよ。

 

 

最後に、公文についてもお伝えします。

 

 

公文はどうだ?

 

 

うちの子は、公文も少しだけ通いました。公文は私と妻が見て「う~ん」と思ったのでやめました。

 

 

と言うのも、公文は基本的に、ずっとテストをさせているんです。我が家では、算数を習いに行ったんですが、毎回テスト。

 

 

教わるとか、そーいったのは無し。とにかく問題を解いているだけ。「これじゃーなー」と思ってやめました。なので、公文は「とりあえず数をこなしたい」と言う方には、おススメです。

 

 

ぜひ、お子さんにあった習い事を見つけてあげてくださいね。