読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミ・効果がまるわかり情報局

あなたの知りたい「口コミや効果」をお伝えしています。私の体験などもご紹介しているから、きっとあなたの「知りたい事」が見つかりますよ♪

医療費控除って10万円でいくら戻るのか調べてビックリ!

生活 生活-節約

f:id:happy-surf:20160313181041j:plain

 

医療費控除って、10万円くらい使った場合、一体いくら戻ってくるか知ってますか?

 

 

我が家では、今年、治療代を結構使ったんですね。私がバセドウ病になってしまったりで、余計な出費が多く出てしまいまして。

 

 

そしたら、10万円くらいになりそうだったんです。なので、初めて医療費控除ってのを調べてみたんです。

 

 

で、調べてみて、戻ってくる金額を見てビックリ!「え~、そうなの!」って(笑)そのビックリ内容をお伝えしますので、参考にしてください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

10万円で戻ってくる医療費控除の金額は

 

 

「10万円も使ったんだから、きっと2・3万円は戻ってくるかな~」と、ちょっと楽しみに思っていたんですが、現実は違いました。

 

 

なんと、10万円も医療費に使っていても、戻ってくるのは「ほとんどなし!」なんです。

 

 

これにはビックリしました。一体、この医療費控除ってのは、どういったものなのか簡単にお伝えします。

 

 

10万円使った時の医療費控除の金額の出し方

 

 

まず、気になる「10万円を使った時の戻ってくる金額の出し方」を、お伝えしましょう。

 

 

と、ここで1つ注意点があります。「医療費控除額」は、戻ってくる金額ではありません。戻ってくる金額とは、この金額に指定の税率を掛けたものが、「所得税」「住民税」から控除されると言う事になります。間違えないようにしてくださいね。

 

 

【戻ってくる金額の出し方】

 

 

【計算式】

 

●年間でかかった医療費ー保険金等で補てんされる金額ー10万円または所得が200万円以下の方は「所得金額×5%」=医療費控除額

 

 

で、この医療費控除額に対し、指定の税率を掛けた金額が、所得税・住民税の還付金となります。これが、戻ってくる金額になるんです。

 

 

課税所得に対する税率は、こちら。

  

 ~195万円  ~330万円   ~695万円  ~900万円  ~1800万円 
  5%   10%   20%   23%   33%

 

住民税に対する税率は、一律10%です。 

 

 

①例:かかった費用が10万円の場合

●10万円(かかった医療費)ー10万円(必ず引かれる金額)=0

 

 

②例:かかった費用が20万円で、課税所得が300万円の場合

●20万円(かかった費用)ー10万円(必ず引かれる金額)×10%=1万円

 

 

1万円が所得税で控除されます。そして住民税も1万円控除されます。この合計¥20,000が、医療控除額となるわけなんです。

 

 

20万円使っても、1万円しか戻ってこないんです!しかも、10万円の場合は、1円も戻ってこないんです!もうね、これには驚きを超えて、馬鹿らしくなっちゃいましたね(^^;

 

 

そんな医療費控除について、対象となる期間をお伝えします。

 

 

医療費控除の対象となる期間

 

 

 

医療費の対象となる期間は、1月1日から12月31日までの期間が対象です。私は年度末での間かと思ってましたが、そうではなく元旦から大晦日までですので、お間違え無く。

 

 

いや~、でも医療費控除の金額にはショックでした(笑)これからは、「あと少しで10万円」になっても、絶対にお金を使わない!10万円になっても返ってこないから(T_T)

 

 

あなたも、「あと少しで10万円」と頑張らないでくださいね。ほとんど戻ってこないから(^^;

 

 

スポンサードリンク