読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口コミ・効果がまるわかり情報局

あなたの知りたい「口コミや効果」をお伝えしています。私の体験などもご紹介しているから、きっとあなたの「知りたい事」が見つかりますよ♪

待機児童問題の原因と対策を私なりに考えてみた

生活 生活-ニュース

f:id:happy-surf:20160417114111j:plain

 

待機児童問題は、とても大事な問題ですよね。「働きたいけど、働けない」、そんな方の為にも、1日でも早く解決できるよう対策をお願いしたいところです。

 

そこで、私なりにこの待機児童問題の「原因」と「対策」を考えてみました。高卒の一サラリーマンが思っている事なので、適当に読んでください(^^;

 

実は、この問題に対し、ずーっと思っていた疑問があるんです。それは、

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

待機児童の本当の問題は何?

 

私は、この待機児童問題をニュースで見るたびに、ずーっと疑問に思っていたことがあるんです。それは、

 

なぜ共働きでも保育所に入れるのか

 

片親の場合はこんな疑問は出てきません。必ず誰かに見てもらう必要がありますから。でも、父母がいるにもかかわらず預けるのは何故なんでしょう?

 

これは、あくまでも私個人の意見ですが、本当の原因は「旦那だけの給料でやっていけないから」ではないか、と思っているんです。

 

もし、旦那の給料で十分やっていける生活なら、どうなんでしょう?みなさん、保育所に預けるんでしょうか?

 

人それぞれだと思いますが、今よりはだいぶ減るように思うんです。そうすれば、今の待機児童問題は、ある程度解決すると思うんですよね。

 

仮に、これが原因だった場合、「じゃ、どうすればいいのか」これが問題ですよね。この不景気の中、給料が上がる会社んて少ないでしょうし。そこで、思ったのがこれ。

 

給料を増やす対策にこれはどうか

 

多分、どの会社も「基本給」は上げないでしょう。これを上げると、人件費が大変なことになっちゃいますからね。

 

なので、こんなのはどうかと思いました。それは、安倍総理が言っていた「法人税減税」と絡める、事。

 

どういう事かと言うと、今は何の条件もなく法人税を下げていますが、これに条件を付けるんです。

 

例えば、給料・賞与を支払った後、どれだけ内部留保をせず社員に還元したか、で引き下げる料率を決める。

 

支払わなければ、引き下げの税率は無し。多く社員に還元した会社は、法人税率の引き下げ率も大きくなる。結果、社員に還元した方が「得」をする。こんな条件。

 

で、もっと言うと、この金額を「設備投資」とみなし、銀行から借りられるようにする。

 

そうする事で、銀行でダブついているお金を市場に出す事が出来ますし、日銀のマイナス金利政策とも合致する。

 

確かに条件なしで税率を下げれば、企業の誘致もしやすいと思うし、企業が増えれば雇用も増えるかもしれない。でも給料が増えるかはわからない。

 

私は経済のスペシャリストでもなければ、勉強をいっぱいした大卒でもないので、詳しい事はわからないんですけど・・・(^^;

 

ただ、こうやって働いている方に還元する仕組みを作らないと、待機児童問題も根本的に解決しないと思うんですよね。

 

実際に、「保育所が足りない」からと言って、すぐ増やせるのかといったら、まず無理でしょう。先日ニュースになっていたように、地域住民の反対もあるでしょうし。

 

それから「保育士が足りない」からと言って、すぐ保育士が増えるかと言ったら、これもまず無理でしょう。だったら、給料を増やして、「利用者を減らす」方が早いと思うんです。

 

何が正しいかはわかりませんが、政治家の方には「目先の問題解決」ではなく、根本的な「原因究明」と「対策」を行ってほしいものです。

 

いちサラリーマンの、待機児童問題について思った事でした。お読みいただき、ありがとうございました(^^)

 

スポンサードリンク