口コミ・効果がまるわかり情報局

あなたの知りたい「口コミや効果」をお伝えしています。私の体験などもご紹介しているから、きっとあなたの「知りたい事」が見つかりますよ♪

甲状腺機能低下症の症状

f:id:happy-surf:20180321142246g:plain

アイソトープ治療して約5ヶ月。甲状腺放射線で破壊したにもかかわらず、数値がバセドウ病のままだった。それが先日の血液検査で、低下症の数値が出たんです!いやー、これは嬉しかったですね。

 

先生からは「もう1回アイソトープか、手術をしないといけないかな」と言われていましたから。でも、この1ヶ月の間、体の変化には気づいていたんです。そこで、甲状腺機能低下症になると、どんな症状が出てくるのかお伝えしたいと思います。ぜひご覧下さい。

 

 スポンサードリンク

 

 

甲状腺機能低下症の症状

 まず、どんな症状が出たのかの前に、今回の私の血液検査の結果をお見せしましょう。

f:id:happy-surf:20180321140858j:plain

 こんな風に、たった3週間程度で、大きく変化しました。コレに伴って出てきたのが次のような症状です。

 

体重の増加

私がまず最初に感じたのがこれ。私の場合は、約1ヶ月で4キロくらい増えました。体重は毎朝計っていたんですけど、突然、2キロくらい増えた日があったんです。

 

それからですね。ドンドン上がって、+4キロです。ただ、体重は上がるんですけど、食欲は減りました。まー、バセドウ病が酷かっただけだと思うんですけどね^^; 

 

眠気・ボーとする事が出てきた

そのままです。眠気が出てきたのと、ボーとしてしまう事が増えました。例えば、仕事で電話をしていても、会話中にボーとしてしまう事もあるくらい。何とかしようと思うんですけど、頭がうまく働かないんですよね。春だからって言えば、そうなんですけどね(笑)

 

体が重い・だるい

これも結構辛く感じてます。バセドウ病の時も体はだるかったんですけど、気持ちが高ぶってるから、何とか動けたんですね。でも低下症の場合は、気持ちも沈んでるから、体を動かせられない。ズドーンと重い感じ。これはこれで中々、辛いですね。

 

足がむくむ

基本的に私は「むくみ」とか出ないんですけど、低下症になって出てきました。特にふくらはぎに出ていて、動かすと痛いくらい。妻にマッサージをして貰ったんですけど、治りません。やっぱり、ホルモンの部分から来る物なんでしょうね。

 

のどが痛い

これは「のどが腫れてる」とかで無く、つばを飲み込んだりする時に少し痛かったり、スムーズに飲み込めないという感じです。「食事が出来ない」とかでは無いので、それほど気にしてませんが、人によっては症状が強く出るかもしれないです。

 

唇の乾き

低下症になった頃、花粉症の私は常にマスクを付けていました。なので、マスクの中(口周り)は、ある程度の湿度があったにもかかわらず、唇が常に乾燥しているんです。私は唇に凄く出てますが、人によっては違うところに出るかもしれないです。

 

こんな所が、バセドウ病の数値だった私が、低下症の数値へと変わっていく時に感じた症状です。

 

まとめ

 

低下症は、何よりも気力的な部分で弱くなってると感じます。先生からも「鬱に似た症状になりますね」とも言われましたから。

 

バセドウ病が活発すぎて辛いなら、低下症は沈みすぎて辛いですね。どちらの方がマシかとかは答えられないけど、低下症は低下症で辛い。仕事に行く気すらおきない。でもブログは書くんですけどね^^;

 

本当に、バランスの取れたホルモンの分泌というのは、大事なんだなと感じます。私の場合は、とりあえず今まで飲んでいた薬を全て止めて、一旦、本当の私は「亢進症(バセドウ病)」なのか「低下症」なのかを見るそうです。それから、数値にあわせた処置を決めると、そんな具合です。

 

もしあなたも、上の症状に当てはまるなら、内科を受診した方が良いですよ。

 

甲状腺機能低下症と橋本病

 

もしかしたら、甲状腺機能低下症のことを「橋本病」と思っている方がいるかもしれないので、ちょっと、ここで豆知識を。

 

実は甲状腺機能低下症と「橋本病は」、イコールではありません。確かにどちらも甲状腺の疾患なんですが、程度が違います。

 

正確に言うと、甲状腺は壊れてないけど、通常と違う数値が出ることを「橋本病」。それとは別に、低下症の方は、甲状腺機能自体が壊れてしまっている時に出る症状、となります。なので、

 

  • 橋本病(軽い症状) ⇒ 甲状腺機能低下症(重い症状)

 

という感じになります。私の場合は、放射線甲状腺を破壊しているので、低下症になります。橋本病と低下症で、治療の仕方が変わるのかとかは分かりませんが、病名だけで「同じ物」と決めるのは、色々な意味で良くないと思うので、理解しておいて下さいね。

 

 スポンサードリンク